スケジュール

1.「情報探索モデル」を検討し、検索エンジンでカバーできる範囲がまた限られるとわかる。

  • Googleで人の記憶は変質する、記憶力ではなく、理解力や思考方法に重点と米心理学者が発表。

2.「Web進化のスパイラル」から、また個人化の時代がやってくると推測できる。Web進化により、情報探索の対象も変化する。

3.「知のスパイラル」から、「形式知」の検索はも極めたところ、「暗黙知」の探査が重要、「コンセプトの時代」をサポートするWEB検索が必要。

4.「Web検索エンジン」Hyper Estraierを紹介。

5.「コンセプト検索」時代に対応するエンジンの要素を検討する。

  • 「個人化ウェブ検索」とユーザモデル
  • 「ソーシャル・メディア」
  • 「ストリーム」・コンピューティング

6.NISLABの「クラウド書斎」を紹介する。

7.Web検索「今後の発展」と展望する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Skip to toolbar